学業とバイトと、高校生と。

Posted by gakuseibaito - 2月 12th, 2014

私が高校生の頃はバイトばっかりしてましたね。
そんなに出来のいい頭ではなかったので、
周りも必然的に勉強しない子ばっかり集まりました。
授業を受けてある程度試験勉強もして、そんな並みの生活を送る
高校生は
大体暇を持て余しているものです。
そうなると二択ですよね。
「部活」か「バイト」か。
教育に力を入れている中国では、バイトするのは苦学生のみ
だそうですが
、日本は寧ろ
バイトしないと友達と遊ぶ金がない=友達と疎遠になる
なんて状況じゃないでしょうか。
でも、今振り返れば、なにも学生時代にせっせと小銭稼がずとも
しっかり勉強していればもっと人間的に賢く生きていけたんじゃないか
と思います。
もちろん、両立できるのが一番なんですがね。

>>高校生のバイト情報

学生にお勧めのバイト

Posted by gakuseibaito - 2月 11th, 2014

学生のバイトのお勧め1番は飲食店です。
何故かというと、飲食店の殆どはまかないが出たり、
そのお店の物を安く食べることができるからです。
特にラーメン屋などは時給も高めで店舗数も多いので、
自宅付近や学校付近で探すのが良いと思います。
飲食店以外のバイトでお勧めは、
時給がとても高いクレジットカード関係のバイトです。
このバイトは、
例えばショッピングモールなど固有のクレジットカード付き
ポイントカードを、お客様にお勧めし、書類に記入して頂く仕事で、
殆どが立ち仕事になります。
しかし、重要な物を扱う仕事なので自給がとても高く、
短期間で高額を稼ぐことができます。
なので、時間がない学生さんにもお勧めですよ。

自分にあったバイト探し。

Posted by gakuseibaito - 2月 10th, 2014

ある程度長い期間アルバイトをやろうと思うんであれば、
週に何日、1日何時間、何時から何時までの間なら大丈夫なのか、
これはどんなアルバイトでも絶対考えておいた方が良かったな
と今では思います。
このどれかが合っていないと継続的に無理が出てきます。
あと、多少の時給の違いよりもその業種が自分に合ってるか
どうかも大事だと思います。
接客業だと話すのが好きだという理由だったり、
話すのが苦手だからあえてやったり人によって様々ですから。

大学時代は居酒屋でアルバイト

Posted by gakuseibaito - 2月 9th, 2014

大学時代に初めて居酒屋でアルバイトをしました。
今のようにネットのない時代ですから、新聞の折り込み広告で
求人を見つけました。
電話をして面接を受けて、その場で採用してもらえました。

周りの学生は飲食店やスーパーなどでバイトしている人が
多かったのですが、居酒屋の方が時給が高かったです。
とにかく居酒屋は忙しくて、体力勝負です。
常に笑顔と元気でいることを求められ、大きな声で挨拶や接客を
行わなければいけません。

バイトして良かったのは、接客の基本が身に付き、
同年代のバイト仲間と交流が持てたことです。

きつい仕事だった宴会サービス

Posted by gakuseibaito - 2月 8th, 2014

私は以前、高級ホテルでの宴会サービスの学生バイトをしていました。
大学生のころにアルバイトをしたくて求人情報誌を見ていて、
偶然目に留まって応募したのがきっかけです。

とても華やかな世界なのですが、その裏ではとても厳しかったです。
まるで軍隊のように、しゃきっとテキパキと動かなくてはいけない
のです。
重いものを持ったり、走りまわって仕事をしたり、きつく怒られる
のはとても辛くて、何度も泣いてしまいました。
しかし、その学生のアルバイトの経験があるからこそ、
社会人になった今でも、会社でがんばれています。

家庭教師のバイト

Posted by gakuseibaito - 2月 7th, 2014

大学の先輩からの紹介で、私が引き継いだ仕事です。
家庭教師と言うと「割の良い、美味しいバイト」というイメージが
ありますが、そうでないケースもあります。
私の場合がまさにそうで、
小学6年生なのに、平仮名、カタカナが、かなり怪しい・・・
という子に、国語と算数を教えていました。
漢字ならともかく、「平仮名」が怪しい、というのはちょっと致命的
です。
どの教科の教科書も、満足に読めていない可能性があります。
教えている時は、もう必死でした。
彼の人生が、私の努力にかかっていましたからね・・・。
卒業間際までかかって、小学校で習う漢字、簡単な計算まで
教える事ができた時はほっとしました。
勉強はできませんでしたがすごく良い子だったので、
できれば幸せになっていてほしいですね。